NIKKEI THE PITCH SOCIAL

NIKKEI THE PITCH SOCIAL

ソーシャルビジネスを事業展開ならびに起業検討している団体・個人・学生を対象にしたコンテスト。事業・アイデアの磨き込みを経て、最終審査会に臨んで頂きます。

  • # ソーシャルビジネス
  • # 次世代起業家

概要

応募期間
2024年6⽉18⽇(⽕)〜
2024年9⽉2⽇(⽉)
応募資格
社会課題解決を目的とし、
起業3年目以内もしくは起業を志す個人・学生または団体であること
募集テーマ
「SDGsに定められた17の開発⽬標を意識したソーシャルビジネス」
募集対象
以下のいずれかに該当するものを対象とします。
a)今までに活動実績があり2024年度以降も事業の継続を予定しているソーシャルビジネス
b)新規に取り組もうとしているソーシャルビジネスのアイデア
審査の視点
【社会性】 
社会的課題の解決を事業のミッションとしたアイデア

【事業性】 
ビジネス的⼿法を⽤いて継続的に事業活動を進めることができそうなアイデア

【⾰新性】 
新しい事業モデルやソーシャルインパクトを創出することができるアイデア

事業の社会貢献性に加え、事業モデルの新規性や革新性、市場性、発展性、拡張性などの観点から審査します。
審査⽅法
応募書類による⼀次審査会を実施し、⼀次審査通過者を決定します。
⼀次審査通過者へはアドバイザリーボードによるブラッシュアップミーティングを実施し、 その後最終審査会を⾏い、各賞を決定します。
表彰内容
グランプリ、準グランプリ、高専・大学生・大学院生部門賞、中高生部門賞
お問い合わせ
お問い合わせはこちら

プログラム

6⽉18⽇(⽕)〜
9⽉2⽇(⽉)
コンテストへの応募
募集概要をお読みいただき、指定の応募書類にてご応募ください。 多くの皆様からのご応募をお待ちしております。
9⽉中旬
⼀次審査
応募書類による⼀次審査を⾏います。 通過者は「ブラッシュアップミーティング」にお進みいただきます。
(⼀次審査通過者は10⽉中旬発表予定)
10⽉下旬〜
2⽉下旬
ブラッシュアップミーティング
(⼀次審査通過者のみ)

⼀次審査を通過したアイデアを、幅広い知⾒を持ったアドバイザリーボードとともにブラッシュアップ。
より実現性のあるビジネスプランへと進化させます。(10⽉中下旬〜最終審査会までを予定)
2025年2⽉
24⽇(⽉・祝)
最終審査会・表彰式
ブラッシュアップしたプランを、審査委員に向けてプレゼンテーション。受賞者を決定し、表彰を⾏います。

審査員

※変更となる場合があります

  • 鈴木 寛

    鈴木 寛


    東京大学教授
    慶應義塾大学特任教授

    元・文部科学副大臣、前・文部科学大臣補佐官。1986年東京大学法学部卒業後、通商産業省に入省。慶應義塾大学SFC助教授を経て2001年参議院議員初当選(東京都)。12年間の国会議員在任中、文部科学副大臣を2期務める。2014年10月より文部科学省参与、2015年2月より2018年10月まで文部科学大臣補佐官を四期務める。日本でいち早くアクティブ・ラーニングの導入を推進。2020年度から始まる次期学習指導要領の改訂、40年ぶりの大学入学制度改革に尽力。

  • 藤野 英人

    藤野 英人


    レオス・キャピタルワークス株式会社
    代表取締役社長 CIO

    1966年富山県生まれ。国内・外資大手投資運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年に独立しレオス・キャピタルワークス株式会社を創業。特に中小型株および成長株の運用経験が長い。投資教育にも注力しており、東京理科大学 MOT 上席特任教授、叡啓大学客員教授、淑徳大学地域創生学部客員教授、東京医科歯科大学客員教授も務める。『「日経平均 10万円」時代が来る!』(日経 BP 日本経済新聞出版)など著書多数。

  • 村木 厚子

    村木 厚子


    津田塾大学客員教授
    元厚生労働事務次官

    高知県生まれ。労働省(現・厚生労働省)入省。女性や障がい者政策などを担当。雇用均等・児童家庭局長、社会・援護局長などを経て、13年厚生労働事務次官、15年退官。困難を抱える若い女性を支える「若草プロジェクト」代表呼びかけ人、累犯障がい者を支援する「共生社会を創る愛の基金」顧問など、子供や女性を中心に社会的弱者を支援する活動に注力している。住友化学社外取締役。著書に『日本型組織の病を考える』(角川新書)、『私は負けない「郵便不正事件」はこうして作られた』(中央公論社)、『あきらめないー働くあなたに贈る真実のメッセージ』(日経BP社)など。

  • 植村 弘子

    植村 弘子


    株式会社ユーグレナ
    取締役 代表執行役員 Co-CEO 兼 COO

    2001年新卒でエスビー食品株式会社に入社。コンビニエンスストアチェーン本部セールス 兼 PB ブランド商品企画を担当。2006年10月より26番目の社員として株式会社一休に入社。『一休.com レストラン』や『一休.com』のセールス等を経て、カスタマーサービス部門でコールセンターの立ち上げや改革を実施。一休では初の人事最高責任者 CHRO に就任し、事業部門・コーポレート部門も領域を限定することなく責任者として事業を牽引した経歴を持つ。2023年4月株式会社ユーグレナに入社、最高ステークホルダー責任者(CSXO)兼 人事部長を経て、現在は取締役 代表執行役員 Co-CEO 兼 COO(最高業務責任者)として職務執行を統括。

  • 更家 悠介

    更家 悠介


    サラヤ株式会社
    代表取締役社長

    1951年生まれ。74年大阪大学工学部卒業。75年カリフォルニア大学バークレー校工学部衛生工学科修士課程修了。76年サラヤ株式会社入社。98年代表取締役社長に就任、現在に至る。日本青年会議所会頭、(財)地球市民財団理事長などを歴任。(特活)エコデザインネットワーク副理事長、(特活)ゼリ・ジャパン理事長、大阪商工会議所常議員、関西経済同友会常任幹事、ボルネオ保全トラスト理事、などを務める。モットーは、あらゆる差別や偏見を超えて、環境や生物多様性など地球的価値を共有できる「地球市民の時代」。主な著書に『地球市民宣言 ビジネスで世界を変える』などがある。

  • 永井 伸雄

    永井 伸雄


    日本経済新聞社
    日経MJ編集長

    1993年(平成5年)日本経済新聞社入社。東京整理部、横浜支局や流通経済部などを経て、日経ホーム出版社・日経トレンディ編集部に出向。消費産業部次長兼編集委員や大阪経済部次長、日経MJ副編集長、札幌支社編集部長を経て、22年4月から日経MJ編集長。

アドバイザリーボード

  • 池本 修悟

    池本 修悟


    一般社団法人社会創発塾 代表理事
    公益社団法人ユニバーサル志縁センター 専務理事
    武蔵野大学アントレプレナーシップ学部教授

    高校時代、阪神淡路大震災に際し、何もできない自分に歯がゆさを感じ、大学進学以降、NPOの事業サポートや社会活動を行う人たちのネットワーク化など様々な社会事業に取り組んできた。東日本大震災においては、762団体ものNPO団体が参画した東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)の立ち上げにかかわり、いざというときの底力と継続的な連携の難しさを思い知った。そこで緊急時だけでなく普段からセクターを超えて協働できる若者が集い学び合うコミュニティー「社会創発塾」をプロデュース。2016年には公益財団法人日本ユースリーダー協会(会長:永野毅氏)が主催する若者力大賞のユースリーダー支援賞を受賞。

  • 井上 貴至

    井上 貴至


    山形市副市長

    1985年大阪生まれ。2008年総務省入省。15年4月から自ら提案した地方創生人材支援制度の第1号で、世界一のブリの町・鹿児島県長島町に派遣、同年7月に史上最年少で副町長に選任。ぶり奨学金など地域の課題を捉えたユニークな施策が注目を集める。17年4月からは愛媛県市町振興課長。「ミツバチが花粉を運ぶように全国の人をつなげたい」という思いから、週末は地域の隠れたヒーローを訪ね歩き、地域の現場で活躍する方を招いてその思い・経験・知恵をみんなで共有する朝の異業種交流会「地域力おっはークラブ」を主宰。「地方を創る若い力30名」(朝日新聞社、2016年)、「日本を元気にする88人」(フォーブスジャパン、2017年)に選出される。共著に『ソーシャルパワーの時代』

  • 天池 麻由美

    天池 麻由美


    独立行政法人国際協力機構(JICA)
    民間連携事業部 次長

    米国での学生時代、政治的理由等で第三国から移り住んだ方々との出会い等をきっかけに国際協力の仕事を志望し、2001年JICA入構。これまでに大洋州地域やガバナンス分野の事業を担当したほか、開発途上国からの研修員受入事業を中心に、国内での事業に長く携わる。海外駐在経験はフィリピンならびにフィジー。2024年より民間連携事業を担当し、海外展開を目指す企業や、海外展開支援を支援する機関との連携を通じた開発途上国での社会課題解決に向けて取り組んでいる。

  • 矢田 明子

    矢田 明子


    株式会社CNC 代表取締役
    一般社団法人 Community Nurse Laboratory
    代表理事

    島根県出雲市出身。父の死をきっかけにコミュニティナース着想。2014年島根大学医学部看護学科卒業後、自身も活動しながらコミュニティナーシングの担い手の育成を開始。17年Community Nurse Company株式会社を設立し、コミュニティナーシングの社会実装を本格化。20年一般社団法人Community Nurse Laboratoryを創業し学生への普及啓蒙を開始。23年社名を株式会社CNCに変更し、全国の企業や自治体とともに、1億総相互扶助社会の実現に向けた社会実装を手がける。著書「コミュニティナース―まちを元気にする“おせっかい”焼きの看護師」。22年第10回アジア太平洋高齢者ケア・イノベーションアワード HOME CARE FOR AGEING-IN-PLACE部門グランプリ受賞。

  • 松井 孝憲

    松井 孝憲


    KIBOW社会投資ファンド プリンシパル
    グロービス経営大学院 准教授

    2010年より経営コンサルティング会社にて、人事・人材開発および新規事業立案等のプロジェクトに従事。並行してNPO法人に参画後、常務理事として社会人とNPOの協働プロジェクトを運営統括。現在は、KIBOW社会投資ファンド プリンシパルとして社会起業家へのインパクト投資と、投資先企業経営のハンズオン支援に従事する。並行して、ソーシャルとビジネスの協働プロジェクトに関する調査研究を行う(第26回 経営行動科学学会 大会優秀賞受賞)。合わせて、経済産業省のイノベーション人材育成等の各種委員を務める。株式会社バオバブ社外取締役。

  • 横田 浩一

    横田 浩一


    株式会社横田アソシエイツ 代表取締役
    慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科 特任教授
    一般社団法人 アンカー共同代表理事

    日本経済新聞社を経て、株式会社横田アソシエイツを設立。慶應義塾大学SFC特任教授。一般社団法人アンカー共同代表理事。企業・行政のコンサルタント。岩手県釜石市地方創生アドバイザー。現在は大学生と共に中高生の社会課題解決やキャリア教育に力を入れる。共著に『SDGsの本質』(中央経済社)、『ソーシャル・インパクト』(産学社)など。

  • 渡邉 さやか

    渡邉 さやか


    一般社団法人アジア女性社会起業家ネットワーク
    代表理事 株式会社re:terra 代表取締役
    長野県立大学大学院ソーシャルイノベーション
    研究科 講師

    2007年から外資コンサルティング会社勤務。経営コンサルタントとして業務に従事する一方で、社内での環境や社会に関するコミュニティリード、プロボノ事業立ち上げに参画。11年6月退職後は、東日本大震災後の陸前高田を拠点として、気仙椿を活用した化粧品開発と販売を行う。国内だけでなく、東南アジアや中東などの国外でもSDGsビジネスや社会イノベーション創出プロジェクトに多く携わる。株式会社ラポールヘア・グループ Chief Imapct Officerの他、複数の非営利組織などの理事や社会的企業にも関わる。

ページトップへ